コンテンツへスキップする。

ワークショップ

ワークショップ開催企業・団体の募集

本大会では,2日目の午後にワークショップを行います。本ワークショップは,JAETが実施している「教育の情報化実践セミナー」のように、 企業が開発した教育システムや教育用アプリケーションの実践事例を、実践しておられる学校の教員と企業の方が協力して、その可能性や課題 について発表・議論するために設けられております。新しい技術や活用方法の普及啓発を目的とするものです。

日程等

  1. 日時:2017年11月25日13:30~15:30(予定)
    1ワークショップあたり120分程度(予定)
  2. 場所:和歌山県民文化会館(定員30名~120名の会場を利用)
  3. 募集ワークショップ数:6件
  4. 参加対象:JAET全国大会に参加する教員他教育関係者

ワークショップテーマ例

  1. デジタル教科書を活かした授業づくり
  2. 電子黒板を活かした授業づくり
  3. タブレット端末を活かした授業づくり
  4. 実物投影機を活かした授業づくり
  5. 情報活用能力の育成のための授業づくり
  6. 学習用ソフトウエアを活かした授業づくり
  7. 特別支援教育におけるICT活用
  8. 校務情報化による教育の質的改善や保護者・地域との連携の推進
  9. 学校における情報セキュリティ対策

応募する企業・団体は、上記の例を参考にテーマをお決め下さい。ワークショップでは、実践事例紹介、ソフト・システム等の紹介、体験、 ディスカッション等の流れで行うことを基本とします。企画・運営は,企業・団体に行っていただきます。

企業・団体の皆様にお願いしたい内容

  • テーマに関するワークショップの企画・運営
  • 実践発表者等の選任
  • 実践報告,デモや説明をするための人員の手配および実施
  • デモや体験のための機器の準備
  • 実践記録,説明書やカタログなどの配布

※実践発表者(教員等)による実践発表は必須としませんが,何らかの実践事例(活用事例)報告が行われることを原則とします。

※実践発表者への旅費や謝金など、ワークショップ企画・運営に関わる費用は、当該企業・団体の方でご負担いただくこととします。

※ワークショップを受講するのは主に学校教員になります。教員にとって有益な情報提供になるように,企画・運営をお願い申し上げます。

  • ■ワークショップ開催のための協賛金
     5万円(賛助会員ではない場合は,7万円)
  • ■申込み
     下記の内容をメールでお送り下さい.
     
     申込み期日:2017年6月1日(木)~6月30日(金)
    ---------------------------------
    ・企業・団体名:
    ・テーマ名:
    ・ワークショップの内容及び進行の計画
    ・ワークショップの登壇者の予定
    ・募集する定員
    s ・担当者名・所属・役職名:
    ・連絡先住所:
    ・電話番号:
    ・メールアドレス:
    --------------------------------

    ※多数の申し込みがあった場合,JAET賛助会員企業から優先し,先着順で決定いたします。結果については、7月中旬までにお知らせします.

  • ■その他
    • 本大会において、展示や広告等の企業協賛をいただいた企業・団体のみがお申し込みできます。
    • 募集する定員に基づいて、参加者を募集します。ただし、応募状況、会場サイズの都合等で、事務局から定員の変更をお願いする事もあります。 また、集客について、事務局においても鋭意努力をいたしますが、各企業・団体においても、広報等の御協力をお願い申し上げます。
    • 大会運営上、会場の予備スペース等に限りがあります。事前にワークショップ開催に必要な機材をお預かりするスペースが無い場合や、 事前に会場設営ができない場合や、大型の電子黒板等の搬入が困難な場合等が考えられます。これらの準備上の制約について,改めてご連絡いたします。
    • 各ワークショップの申込人数等については、事前に、各企業・団体宛にお知らせします。当日の急な欠席・参加等については、各会場で柔軟なご対応をお願いいたします。
  • 問い合わせ

    JAET大会企画委員会