◆ 問い合わせ先 ◆
日本教育工学協会
学校情報化認定委員会
〒107-0052
東京都港区赤坂1-9-13
三会堂ビル8F
nintei@japet.or.jp

 JAET 日本教育工学協会




学校情報化優良校認定申請へのアドバイス

学校情報化優良校のこれまでの審査において,審査委員から多くの指摘があった点をもとに,
エビデンスやテンプレートの書き方について,以下のようにまとめました。
参考にしていただき,積極的に認定申請下さいますよう,お願い申し上げます。

1. テンプレート「学校の情報化に関する説明」の記述不足について

〇チェックリスト(情報化の現状チェック)でレベル1の項目がある場合、今後の対応を具体的に
  記入いただく必要があります。再度チェックリストをご確認いただき、必要がある場合は、
  記入漏れがないようにご注意ください。

〇”情報化の取り組みによる学校(教員・児童生徒)の変容”、そして”情報化の特色”も同様に、
  具体的な記述となるようご留意ください。


2. 学校情報化診断システムで、提出する「写真」について活動の内容や質を評価しにくい
  ものがあります。

〇写真に対するコメントを「学年・教科名」に留めることなく、利用している機器やコンテンツ、
  そして場面の状況を簡単に記入するようご留意ください。
  (例:「電子黒板機能付プロジェクターにデジタル教科書(英語科)を投影し、
  本文の品詞分解を示している」。)。

〇プロジェクター等で提示している内容についても説明が加わると、学習活動の様子が
  わかりやすくなり、他の写真との違いが明確になるように思えます。
  (例:デジタル教科書や図鑑教材等のオフラインコンテンツ、ウェブ上の各種オンライン
  教育コンテンツ(NHK for School等)、自作スライド、実物投影機による拡大提示、
  デジカメ(タブレット等)で撮影した写真や映像)。

〇できるだけ,異なる教員,異なる教科、異なる学年、タイプの異なる学習活動が含まれるように
  工夫し、ICT活用の多様な様子が伝わるようにご留意ください。。


3. 学校情報化診断システムで、提出する「文書データ」の指導計画等について

〇情報教育や情報モラルに取り組むことが数行明示されているだけの(年間)教育計画が
  提出されたり、2〜3時間分の学習指導計画が提出されたりすることがあります。
  各学年や各教科をとおして、情報教育や情報モラルを学校全体で計画的・継続的に
  展開していることがわかる指導計画を提出してください。

〇情報機器の操作スキル習得等については、操作スキルだけの記述に留めることなく、
  情報活用能力の視点やICT活用を含む学習活動との関連が示されている方が
  望ましいと思われます。


4. 教育委員会単位で申請される場合

〇市町村で統一した指導計画等をそのまま提出するに留まることなく,各学校の実態に合わせて,
  学校独自に改善・発展させた取り組みやICT活用の様子が分かるように工夫してください。
  写真,文書データ等につても,同様にご留意ください。また,市町村で統一した指導計画等
  については,作成者等出典を明記し,学校による計画等と区別できるよう記述ください。