お問い合わせHOME
Japan Association for Educational Technology

セミナー・イベント

「教育の情報化」実践セミナー 2014 in 奈良
 「1人1台のICTの活用に関する自治体での取組」 開催報告

 2014年度“「教育の情報化」実践セミナー−1人1台のICTの活用に関する自治体での取り組み−”を奈良市の奈良教育大学 次世代教員養成センター2号館(多目的ホールほか)キャンパスで開催しました。

セミナー風景
セミナー風景
 
 木原副会長(大阪教育大学教授)による開会の挨拶、清水康敬名誉会員(東京工業大学監事・名誉教授)の基調講演を初め実践報告Tでは各自治体の取り組みについての報告、そして実践報告Uでは奈良教育大学郁属小学校を初めとした各実践報告がなされ、話題提供として日本マイクロソフト様より「21世紀型スキル」について講演が行われました。また、9社の協賛企業による教育用機器やコンテンツの展示 があり、有意義なセミナーとなりました。

寒い中、ご参加いただきました皆様、セミナーの開催・運営にご協力頂きました協賛企業および小柳教授を初め奈良教育大学の皆様に深く感謝申し上げます。

日時:  平成26年12月6日(土)
会場: 奈良教育大学 次世代教員養成センター2号館(多目的ホールほか)
主催: 日本教育工学協会(JAET)
共催: 一般社団法人 日本教育情報化振興会(JAPET)
後援: 奈良県教育委員会、奈良市教育委員会
参加者: 小学校・中学校・特別支援学校の教員、大学研究者、学生、関連企業など約70名(講師、展示関係者、スタッフを除く)

 プログラム

(以下、敬称略)

司会 小柳和喜雄(JAET常任理事 奈良教育大学教授)

 ◆ 開会行事

開会挨拶とセミナーの主旨説明が行われました。
挨   拶  木原 俊行(大阪教育大学教授、JAET副会長)
主旨説明  小柳和喜雄(JAET常任理事 奈良教育大学教授)
木原先生の開会挨拶 司会の小柳常任理事 深見先生の主旨説明 木原副会長の開会挨拶

 ◆ 公益財団法人パナソニック教育財団からのご報告

   藤田稔 常任理事 事務局長
藤田稔常任理事のご報告
藤田事務局長の説明
 
 パナソニック教育財団の現状の取組や今後の活動、ワンダースクール応援プロジェクトの進捗等のご紹介がありました。

 ◆ 基調講演

「1人1台のICTの活用に関する取組と推進」
   清水 康敬(JAET名誉会員 東京工業大学監事・名誉教授)
清水先生の講演
清水名誉会員の基調講演風景
 
 「整備実態の年変化と整備目標」「国内外の1人1台環境の取組」「1人1台活用の効果と配慮事項」など海外との数値比較から実態を踏まえてこれから必要とされる情報の利活用力について講演されました。

 ◆ 実践報告T(パンナソニック教育財団支援)

  ●堀井良徳(富山市教育センター指導主事)からの報告
堀井先生の講演
堀井先生の報告風景
 「「教育の情報化」における富山市の現状とワンダースクルー応援プロジェクトの進捗」をテーマに富山市での教員研修の実際について、ICT活用・授業力UP研修会など現在実施しているICT教員研修の内容についてなどの報告がなされました。

  ●冨高誠司(柏市教育委員会指導主事)からの報告
冨高誠司の報告
冨高先生の報告風景
 「柏市のICT活用について」をテーマに学校での活用の事例などの紹介や報告がなされました。デジタルカメラからIpadへの変更や授業で使えるデジタル教材のWeb連携を実施しているなどの報告がなされました。

  ●水谷年孝(春日井市教育委員会 主幹 教育研究所所長)からの報告
水谷年孝(春日井市教育委員会 主幹 教育研究所所長)からの報告
水谷先生の報告
 
 奈良市の教育ICT環境をテーマに紹介されました。26年度には5校をICTモデル校に選定して整備を実施している。小中一貫教育など習志野情報教育のスダンダードを目標として取り組んでいるなどの報告がなされた。

  ●柴田純(奈良市教育委員会 指導主事)からの報告
柴田純(奈良市教育委員会 指導主事)からの報告
柴田先生の報告風景
 
「柏市のICT活用について」をテーマに学校での活用の事例などの紹介や報告がなされました。デジタルカメラからIpadへの変更や授業で使えるデジタル教材のWeb連携を実施しているなどの報告がなされました。 

 ◆ 実践報告U

  ●櫻本豊巳(奈良教育大学附属小学校副校長)
   井上龍一(奈良教育大学附属小学校教諭)からの報告
櫻本先生(右)と井上先生の報告風景
櫻本先生(右)と井上先生の報告風景
 附属小学校の教育をふまえた、「ICT教育環境ならびにタブレットPCを活用した授業づくり」をテーマとして、環境構築やハードウェア、ソフトウェアの導入など富士通社との共同での授業づくりでの教育効果について報告がなされました。

  ●畑中章(三田市教育委員会指導主事 三田市教育研修所)からの報告
畑中先生の報告風景
畑中先生の報告風景
 「タブレット整備を視野に入れた取り組みについて」をテーマとして三田市のICT環境整備の状況や目標、タブレットPCとソフトウェアの位置付けなどについて報告がなされました。

  ●井上幸史(姫路市教育委員会指導主事 姫路市立総合教育センタ−)からの報告 
井上幸史(姫路市教育委員会指導主事 姫路市立総合教育センタ−)からの報告 
井上先生の報告風景
 
 「姫路市における教育の情報化〜小中一貫したICT活用環境を中心として〜」をテーマに学校教育の情報化により、魅力ある姫路の教育推進について平成25年度学校教育の情報化推進事業について現在の姫路市のICT環境や取組方針などのご報告がなされました。

 ◆ 話題提供
  「21世紀型スキル」

   植村 理(日本マイクロソフト株式会社 アカデミックプログラムマネージャー)
「21世紀型スキル」
植村マネージャーの報告風景
 
 日本マイクロソフト社の主な取り組みとして「Microsoft Showcase School」や「Microsoft Expert Educators」での実績等の報告があり、この12月から取組みとしてインテル株式会社、ピアソンジャパン株式会社との共同での21世紀型スキル育成を支援する「21CS support alliance」のご説明がありました。 

 ◆ 閉会行事   挨拶 稲葉雅昭(日本教育工学協会(JAET)事務局長)

 ◆ 企業展示
  以下の9社から出展いただきました。
  ありがとうございました。(50音順)
「21世紀型スキル」
  ・エプソン販売株式会社
  ・スズキ教育ソフト株式会社
  ・ゼッタリンクス株式会社
  ・チエル株式会社
  ・東京書籍株式会社
  ・株式会社日本マイクロソフト
  ・パナソニックシステムネットワークス株式会社
  ・富士通株式会社
  ・理想科学工業株式会社