お問い合わせHOME
Japan Association for Educational Technology

セミナー・イベント

「教育の情報化」実践セミナー2011(品川会場)開催報告
 〜インタラクティブホワイトボードを利用した教育環境の情報化〜


 2011年度第1回「教育の情報化」実践セミナーが、東京都品川区で開催されました。
 今回は教育の情報化に伴い、学校現場での導入が急速に進んでいる「インタラクティブホワイトボード(IWB)」を利用した教育環境の情報化について実践報告がありました。
 会場には、70名を超える教育関係者、企業担当者の参加をいただき、山西JAET会長の基調講演のあと、最新の機能を備えたIWBの機能の紹介や大学でのICT活用に対する研究発表があり、今後への課題や利用技術について理解を深めることができました。
 また、会場ではIWBと周辺機器との接続による活用例の紹介や出力機器などの展示説明などのデモンストレーションもあり参加者は熱心に確認していました。
 開催にあたり企画段階からご準備いただいた、(株)アスタリスク殿をはじめキヤノングループの皆様に厚く感謝申し上げます。
 

「教育の情報化」実践セミナー2011 in 品川

日時: 平成23年6月17日(金)13:00−17:00
会場: キヤノンマーケティングジャパン株式会社 品川本社
主催: 日本教育工学協会(JAET)
共催: (株)アスタリスク、キヤノンマーケティングジャパン(株)、
     グローバルソリューションサービス(株)、(株)図書館流通センター、
     (社)日本教育工学振興会
協力: キヤノンITソリューションズ(株)、キヤノンシステムアンドサポート(株)

プログラム
 ◆基調講演  教育の情報化:豊かな学習環境の創造
            山西潤一氏 (富山大学教授、日本教育工学協会会長)


 山西会長から最近訪問されたエベレストの麓の町のICT環境と英国をはじめアジア各国の教育の情報化への取組みについて紹介がありました。
 一方、日本における教育の情報化へ向けた今後の教育環境の整備や利活用などの課題について、更なる環境の整備と教員のスキルアップの必要性などについて指摘されました。

基調講演 山西潤一氏
 
 ◆講演    海外におけるインタラクティブホワイトボード活用事例
            Yolanda Chan氏 (Promethean社 Vice President)


 日本国内では最新モデルのIWBの機能について詳しい説明がありました。
 87インチの大型画面で拡大縮小機能や同時書き込みなど便利な機能について実演があり、授業への活用が分かりやすく解説されました。

講演 Yolanda Chan氏
 
 ◆研究発表  大学生による初等中等教育向けICT活用研究


IWBを利用した初等向け英語教材
         津田塾大学 都田研究室
 津田塾大学 都田研究室の学生からは、初等教育で英語教育にIWBの特長を生かした学習教材が提案され、より高い学習効果が得られることが報告されました。

研究発表 津田塾大学 都田研究室
 

ICTを活用した理科出張授業
         東京理科大学 飯田研究室
 東京理科大学 飯田研究室からは、理科の学習用教材としてデジタル教材を活用し、従来の実験教育の効果を出張授業でわかりやすく実現しようとする研究について報告されました。

研究発表 東京理科大学 飯田研究室
 
 ◆製品デモンストレーション

 本セミナーにご協力をいただいたキヤノングループ各社からインタラクティブホワイトボードと各種デジタル入出力機器との連携について展示実演があり、参加者は最新の技術や使い方を熱心に確認することができました。

セミナー会場
会場内は定員いっぱいの盛況でした
展示会場
展示会場では詳細な確認ができた
 


セミナー・イベントへ | 開催案内 | 開催報告 | このページのトップへ